恋愛運アップ方法で素敵なパートナーをGET│占いNAVI

タロットカード

厄を払う行為について

タロットカード

日本には、色んな風習や言い伝えがありますよね。例えば、ひな祭りやこいのぼりなどのように節目を大事にするという風習は色んな所で見る事が出来ます。実はこの厄年や厄除けという言い伝えも節目を大事にしている風習によって、生まれた考えだと言われています。そもそも厄年は、平安時代から受け継がれている考え方だと言われており、現在のような意味をもつようになったのは陰陽道に基づいて、厄年が統一の年齢として出てからです。
ちなみに陰陽道の考え方を取り入れる前は、役する年で役年という所から生まれた言葉だとも言われており、元々は役をするような節目の年の事を指していた言葉で、変化が起こりやすく注意が必要とされている事が始まりだったとされています。
このように、厄年も紐解いてみれば非常に日本らしい風習の1つだと言う事ができるのです。だからこそ、神社で行われる厄除けも同時にこれだけの長い歴史を通って、現在まで伝わってきたのではないでしょうか。これだけ長く伝わってきたという事は、厄除けは本当に運勢が悪くなるのを止める事が出来るのではと思ってしまいます。
一年の節目節目に神社などで厄除けを行なう人は沢山います。そのため、一年縁起良く過ごしたいという方は、神社などで厄除けを受けるというのも選択肢の一つです。厄除けを行なうことによって、厄を払うだけではなくて、精神的にも良い効果をもたらしてくれることが期待できます。神社で行なわれている厄除けに興味がある方は、一度神社に足を運んでみてはいかがでしょうか。